スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リフレッシュしてきました

古里へお墓参りを兼ねて旅してきました。

毎年この時期、紅葉の綺麗な時期にチビたちを連れて
車で一週間ほど色んな所をめぐり、気ままに旅するのは
心のリフレッシュになります。

また頑張って仕事をして
来年も行けるように元気でいたいと思えます。

IMGP5630.jpg

旅に行くと歩くことも多く
歩けないと楽しみも半減します。

そんなことでやっと病院に行く気になってくれたようで
戻ってからは整形に通っています。
少しでも良くなって歩くことがおっくうでなくなってくれたらと
切に思います。

楽しかった思い出の写真もボチボチアップしていきたいと思います。


スポンサーサイト

奥津温泉&落花生

少し前の定休日に奥津温泉へ行ってきた。


旧道の紅葉が素晴らしく綺麗ので
いける限り毎年行くのだけれど
今年はなかなか時間がとれずにもう紅葉は
盛りを過ぎていた。


一番立地条件の良い位置に立つ
中国銀行の自社旅館?
古びては居るけれどとても風流で素晴らしい。



Imgp4648






奥津温泉郷にある「大釣温泉」はお気に入りの温泉。
湯船から見える景色ももう秋も終わり、厳しい冬は
そこまで来ている様に見える。


Imgp4867



来た道を帰るのもおもしろくないので
そのまま南下して2号線にでて
かみさんが調べてくれたジャム瓶の工場
へ寄ってみることにした。


「中国空瓶株式会社」
この工場は業者でなくても
箱単位でなら個人にでも販売してくれる



Imgp4922


その途中にある道の駅「くめなん」で見つけた
生の落花生。
なかなか出会うことはなく売っていても馬鹿高い。
ここのは手頃な値段で買うことが出来た。


今夜の酒のあてはこの落花生を湯がいたもの。
湯がくのに少し時間がかかるがこれが旨い。
随分前にプーケットに言ったときに
ガイドのニットーがおやつに湯がいて売っていたものを
買ってくれたことを思い出す。
それまでは落花生を湯がいて食べたことはなかった。



Imgp4956




大粒で実もぱんぱんに詰まっていてとても美味しかった
久しぶりの落花生に大満足な一日でした。



Imgp5404




秋も終わり、これからは寒い季節に突入。
年末には秋田工業が花園にくることが決定。
応援に行くのが楽しみです。



奥羽山脈 紅葉の旅 第2弾

一度みたらやみつきになる東北の紅葉。



昨年はいけなかったので今年は是非行きたい。
6月に秋田へは行ってお墓参り、親戚回り、友達との交流もすませてあるので
今年はずっと行きたかった五能線を使って青森まで。



下北半島を巡ってそこから南下は奥羽山脈沿いにくだってくる予定。
出発は蔵王の紅葉にあわせる。



20日にかみさんに予定があるので
どうしても21日以降の出発になりそうだけれど
これでは蔵王の紅葉が終わってしまいそう。



蔵王が終わっていたら青森の12湖に期待をかけて。



今回はいつもペットホテルに預けるクッパも同行させることに。
ホテルに預けている間心配もするし今回のように
日にちがはっきりしないのでは予約も入れられない。
車に弱いクッパの車に乗るトレーニングを始めています。



12348_308747949264015_2072652198_n




季節のニュースを見るのが楽しみです。
かみさんには良い写真を期待しましょう。



チビ達にも風をひかせないように
毛糸の服を持って行きます。



2007_10290095


プロフィール

keibidou

Author:keibidou
兵庫県芦屋市前田町3-7
0797-23-4732
定休日 水曜日(買い受けに行かせて頂きます)
営業時間9:00から18:00

買い付けにはご連絡を頂ければお伺いさせて頂きます

商品の持ち込みをされるお客様は事前にご連絡をお願いします


秋田で生まれ育ち
会社勤めの間に転勤で関西に。

この土地が好きになり子供の頃からの
夢であった古美術店を開業
それから早い物で30年になります。


阪神淡路大震災で店、家、倉庫を失いましたが
またやるんだという気持ちは残りました。

こうしてこの地でまた商売をはじめられたことはこの上ない幸せだと日々感じています。

これからもかみさんと力を合わせて邁進していきたいと思っています。
どうぞ宜しくお願いします。

最新記事
カテゴリ
店用カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。